採用情報
宇都宮 健吾営業スタッフ職(平成26年入社)
お客さまの言葉が今の自分の原動力に
  • 私は生まれ育ったこの愛媛でずっと働き続けたいという思いがあり、愛媛に根付いた企業に絞って就職活動をしていました。その中で当社を選んだのは、愛媛県で圧倒的に受け入れられているカーディーラーであること、そして先輩方が本当に生き生きとした表情で、お客さまに応対している姿に魅力を感じたからです。ここでなら自分がやりがいを持って仕事に臨めると思いました。
    ただ、営業の仕事は車を販売するだけではなく、整備関係や保険などのご提案もしますので、入社後は苦労の連続・・・。毎日がむしゃらに活動しましたが、同期の中でも車が売れるのが一番遅く、その時期は正直少し自信を無くしていましたね。
    そんな私を救ってくれたのが、初めてご成約をいただけたお客さまでした。他社と深いお付き合いのあるお客さまでしたが、「宇都宮さんが一生懸命頑張ってくれたから」とおっしゃっていただき、その付き合いを断ってご成約いただけたんです。この経験は今も働く上での大きな原動力となっていて、最近では社内のコンテストで全社トップになることもできました。
    このように非常に大変な面もありますが、お客さまと深く関わることができ、お客さまの気持ちをダイレクトに感じられることが営業の魅力の1つだと思います。この魅力を後輩のスタッフにも伝えていきたいです。
佐藤綾夏アテンダント職(平成28年入社)
幼い頃からの夢
  • 私が幼い頃、家の車のトラブルで困っていた際に助けてくれたのが、カーディーラーの方でした。その姿がとても格好よく、将来はカーディーラーで働きたいという夢を持つように。それがこの会社でインターンシップを体験することにより、夢から目標に変わったんです。
    インターンシップの中では業務の大変さや辛さも実感しましたが、その中で一番感じたことは、お客さまの声に応えるためには「女性」の存在も重要だということ。この業界なら、自分の存在を必要としてくれる人がいるかもしれないと思い、就職活動をスタートしました。
    とは言え、多くのカーディーラーから志望先を選んでいくのは簡単ではなく、何度も説明会や会社訪問に足を運びました。その中で最終的に当社を志望した理由は、「店舗全体で連携してお客さまを守る姿勢」に一番共感することが出来たからです。ここでなら、自分もお客さまのために積極的に動けると確信が持てました。
    入社後の業務の中では挫けそうになる時もありますが、少しずつお客さまに笑顔をお届けすることができ、その笑顔が私の働くエネルギーとなっています。
    自分の夢を叶えられる一番の環境がトヨタカローラ愛媛であり、ここで叶えたいと、今もワクワクしています。
    就職活動の中では自分に自信が持てなくなる時期があるかもしれませんが、「自分らしさ」が大事だと思います。ありのままの自分を表現して、自分らしく働ける環境を見つけてみてください。
  1. 先輩社員からのひとこと